保存方法

納豆は冷凍してもいい?保存できる期間や解凍方法など

冷蔵庫に納豆がある安心感はプライスレス

ごはん大好きママ、hinaです。

 

まだ冷蔵庫に納豆はあるけれど、スーパーに行って納豆が安くなっていたら……買っちゃいますよね!

また、納豆はだいたい3個か4個パックになっているので、数日食べない日が続くと賞味期限が気になってきたりも。

そんな時は納豆を冷凍すればOK!

今回は、納豆の冷凍保存の方法や保存できる期間、解凍方法などをご紹介していきます。

納豆を冷凍保存する方法

白いパックに入った納豆はそのまま冷凍することができます。

ただし、匂い移りしたり乾燥してしまうので、パックごとジップロックなど密封できる袋や容器に入れて冷凍します。

パックがかさばって邪魔になるようなら、パックから出した納豆をラップで包んだものを、同じく密封できる袋や容器に入れて冷凍してもOKです。

冷凍した納豆の栄養は?

納豆は

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • 糖質
  • 脂質

といろんな栄養をバランスよく含んだ食品です。

さらに、「納豆菌」というものが含まれていて、腸内環境を整えてくれます。

この納豆菌は、冷凍すると活動を休止するんですが、解凍すると再び活動し始めるので、冷凍しても壊れないんです。

納豆菌に含まれているナットウキナーゼは、熱によって死滅してしまうので、栄養効果を重視するなら加熱しないで食べるのがおすすめです。

納豆を冷凍保存できる期間

冷凍した納豆は1ヶ月〜3ヶ月ほどをめどに食べきるのがおすすめです。

結構長く持つので、たくさん買ってストックしておくのもいいかもしれません。

でも

冷凍庫の開け閉めを頻繁にしたり、冷凍庫の中にパンパンに食品が入っていたりと保存の状態によって納豆の状態も変わってしまうので、なるべく早く食べることがおすすめ!

冷凍した納豆の解凍方法

冷凍した納豆は冷蔵庫に移して半日くらいかけてゆっくり自然解凍すると、冷凍する前と同じ状態になって美味しく食べられます。

レンジで解凍してもいい?

冷凍庫に入っている納豆を今食べたい!

という時には、レンジで解凍しても大丈夫。

20秒くらい、納豆がほぐれるくらいに軽く解凍して、タレを混ぜれば完成です。

でも、あまりあったかくしてしまうと、納豆菌の中にある酵素「ナットウキナーゼ」が死滅してしまうので要注意です。

納豆を冷凍するメリット

  • 安い時に買って、いつでも食べられる
  • うっかり賞味期限を切らして捨ててしまう…ということがなくなる
  • 冷凍しても納豆菌はなくならないので、栄養もとれる

あと、納豆の天ぷらなど、粘りがない方が作りやすい料理の時にも冷凍した納豆は便利ですよ!

ABOUT ME
アバター
hina
ごはん大好きhinaです。小2男子のママをやっています。ラクして美味しいごはんを食べたいズボラ主婦。白米が進む「ごはんのお供」に目がない永遠の食べ盛り。