調味料

味の素の代わりになる調味料ってある?困った時の代替品

おうちで料理をしていて、いざ味の素をいれようとしたら切れていて困った!

なんてことありませんか?もう料理は作り始めているのに今から買いに行くのはちょっと・・・

そんなピンチを乗り切るために味の素の代わりになる調味料をご紹介します!

味の素ってどんなもの?

手軽に短時間でうま味成分を出せたら便利ですよね。

そんな時に活躍するのが「味の素」。

味の素は「うま味」の素となるグルタミン酸などを配合したとっても便利な調味料です。

味の素はいつものお料理にさっと入れるだけで短時間で簡単にコクなどの深みが出すことができます。

うま味って何?

味の素をそのまま口にするとしょっぱくもなくあまくもなく舌がポワっとして何か包まれるような風味が残ります。

それがうま味です。

ヒトが感じる味覚の基本五味は「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」と言われていて、これらが合わさることでおいしいと感じると言われています。

本来「うま味」を出すにはうま味成分となる グルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸が多く含まれている食材を入れたり、

煮詰めたりすることによって作れます。

いますぐ味の素の代わりとなる調味料

ほんだし

味の素の主な成分なのがグルタミン酸ですが、ほんだしはそのグルタミン酸が多く含まれるかつおを使用しているので代用品として使えますよ。

特徴としては味の素と違ってかつおの味が風味がします。

また、塩分が入っているので入れすぎるとしょっぱくなってしまうので注意が必要です。

だしの素

だしの素はかつお節や昆布、シイタケなどからとっただし汁を粉末にしたものの総称です。

ほんだしと同じように、塩分が入っているのでほんの少しの量で大丈夫です。

ハイミー

ハイミーもかつおや昆布、しいたけなどに含まれているグルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸が配合されています。

味の素よりもコクとうま味が強いので使用する量を注意しましょう。

昆布茶

粉末の昆布茶はそのままお湯で溶かしてお茶として飲むものですが、昆布だしのような香りとコクが出て味の素の代わりに使えますよ。

やはり入れすぎると料理の味が変わってしまうので入れすぎには注意してください。

味噌

味噌はグルタミン酸を多く含み、うま味を感じられる発酵調味料です。

味噌を味の素の代わりに少し入れるだけでコクと深みを出すことができるでしょう。

入れすぎると料理の味が味噌の味に変わってしまうので注意してくださいね。

チーズ

チーズにも味の素と同じグルタミン酸が含まれています。

味の素は顆粒なので代わりに使うなら粉チーズが便利でしょう。

同じようにうま味とコクがでるので洋食などであれば合うかもしれませんね。

ただカロリーが高くなってしまうのでお気を付けください。

味の素の代わりになる調味料まとめ

味の素を使うことによって短時間で簡単にコクなどの旨味を出すことができます。

しかし味の素がない場合でも味の素と同じグルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸が含まれている調味料で代用できることがわかりました。

これで味の素がきれてしまっても慌てなくても料理をすることができますね。

ぜひ試してみてくださいね。

ABOUT ME
KAORI
KAORI
5歳差のやんちゃ兄弟がいるアラフォー主婦です。 美味しいグルメと雑貨屋さんめぐりが好き。