梅干し

梅干は夏バテ予防に効果アリ?夏こそ食べたい梅干しの秘密

梅干しを食べていれば夏バテしない!と聞いたことはありませんか?

昔から言われているように、梅干しは日本の伝統的な健康食品です。

  • 梅干しって本当に夏バテに効果があるの?
  • どうして他のものより梅干しがいいの?

などなど、梅干しにまつわる秘密を調べてみました!

梅干しは夏バテに効果は?

夏バテに効くという梅干し、実際にどんな効果があるのでしょうか?

よくある夏バテの症状とともに見ていきましょう。

夏バテの原因、食欲減退に梅干しが効く!

夏バテで気をつけたいのが、食欲がなくなり、食べる量が減って、体力が落ちていくことです。

そこで、まずは元気にもりもり食べられるように、食欲を回復させましょう!

 

口にいれると酸っぱい、しょっぱい梅干し。

この酸味成分に含まれる栄養素が「クエン酸」です。

体に入ったクエン酸は、まず唾液を分泌させ、食欲を増やしますさらに胃腸で消化吸収の働きを助け、腸の働きを元気にし、お腹の調子を整えてくれるんです。

お腹の調子が良くなると、自然と食べる気力も回復しますね!

梅干しの疲労回復効果で夏バテにさよなら

夏バテのだるくてしんどいあの症状にも、梅干しが効きます。

疲労物質である乳酸は、クエン酸によって燃焼し、体内で必要なエネルギーに変えられるんです!

これは、クエン酸サイクルという体にかかせない働きによるものです。

ざっくり説明すると、クエン酸が体内で必要なエネルギーを作ってくれるというもの。

梅干しに含まれるクエン酸は、脂肪や乳酸を分解してエネルギーに変えていきます。

梅干しを食べると疲労が回復するという言い伝えには、根拠があるんですね。

梅干しの力で免疫力を高めよう

夏バテになると、お腹の調子も崩しがちになりますよね。梅干しには腸内環境を整えて、免疫力を高める働きがあります。

むか~しむかし、冷蔵庫もなかった時代、食べものを傷ませないために使われていたのが梅干しでした。

梅干しにたっぷり含まれる塩分やクエン酸には、天然の殺菌能力があり、食中毒の原因になる菌をやっつけてくれます

薬と違って副作用もなく、完全に天然のものですから、安心して食べて予防できますね!

梅干しが夏バテに良い理由

梅干しが夏バテにいい理由って、効果以外にもあるの?

梅干し以外の食べものや、梅干しならではのポイントについて見てみましょう。

梅干し以外でもいい?

梅干しが夏バテに良い理由の一つが、クエン酸がたくさん含まれていること。

梅干し以外にも、クエン酸が多い食べ物はたくさんあります。

  • みかん
  • レモン
  • 夏みかん
  • グレープフルーツ

いわゆる酸っぱい果物ですね。クエン酸はビタミンと違い、加熱しても成分が壊れたりしないので、クッキーやジャムなどのお菓子にして食べても良さそうです。

夏は酸っぱいものを体が欲しがるので、楽しんで続けられそうですね。

梅干しには経口補水液と同じ成分も!

クエン酸は果物にもありますが、梅干しならではの成分として、塩分とカリウムがあります。

クエン酸、塩分、カリウムの3つは、経口補水液に含まれる成分です。経口補水液は熱中症予防として欠かせない飲み物ですね。

梅干しにもこの3つの成分がしっかり含まれているんです!

水分と一緒に梅干しを食べることで、熱中症予防の効果が期待できます。

梅干しを食べて体の中から夏バテ予防!

食欲を回復させたり、疲れにくい体にしてくれたりと、嬉しい効果がたくさんの梅干し。

普段から上手に取り入れて、夏バテ知らずの体を作っていきましょう!

ABOUT ME
松下
松下
ランサーズ登録ライターの松下です。一日三回、どんなおいしいものを食べようかといつも考えています。